いつ自分の身に訪れるかわからない
地震や、災害。

阪神大震災や、東日本大震災
そして、熊本地震と
日本全国で地震が起きていますよね。

地震以外にも
大雨による災害が
起こっています。

そういうことから
メディアでも防災グッズを
準備しておきましょうと
呼びかけていますね。

準備していますか?

準備しなくてはと思いつつ
何から準備するか、
どうやって選べばいいか
迷ってしまいますよね。

そんな防災グッズについて
調べてみました。

それでは、さっそく見ていきましょう。


スポンサーリンク


防災グッズの選び方と保管場所

防災グッズの種類は
本当にたくさんあります。

セットになっているものにするか
単品で買うかということでも
迷ってしまいますよね。

どのようにして
選べばいいのでしょうか。

まずは、
生き延びるために必要なもの!

それは、食糧と水ですよね。

避難所に行ったとしても、
数に限りはありますし、
少量になってしまいます。

家の中で避難するとしても
お店は開いてませんし
自分で用意しておくしかありません。

自力で生き延びるためには
最低でも3日分の蓄えが必要だと
言われています。

家族4人だったら
4人×3日分ということに
なります。

意外と多いですよね。

防災グッズ水
出典:http://ezbaby.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

水は1人1日3リットル程度あると
安心できるようです。

次に必要なものは道具ですね。

防災グッズ一覧
出典:http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html

停電になることを考えると
まず思いつくのは
ライトです。

そして、
情報を得るためのラジオ

家族などの安否確認には
携帯が必要になりますが、
充電が切れていては使えません。

そうなると
充電器が必要になりますね。

普段当たり前にできることが
できなくなってしまうのが
震災です。

なかなか想像するのは
難しいですが、
準備をしておくことを
おすすめします。

他にも、衛生用品、
軍手、マスク、簡易トイレ
お金、衣服、毛布、薬など
たくさんありますね。

状況に応じて
持ち出し用避難グッズ

落ち着いてから使用する
避難グッズがあると
いいかもしれません。

避難グッズを準備した後に
迷うのは保管場所では
ないでしょうか。

防災グッズ保管場所
出典:http://sonaeru.com/archives/3344

一番おすすめなのは、
外に出るときに通る
玄関です。

しかし、
玄関が潰れてしまう場合も
あります。

そこで、
寝室または各部屋(個人の)に
1人分の防災グッズ、

玄関には、
家族用の防災グッズを
置いておくと安心かもしれません。

車の中に置いてあるという人も
いるようですよ。

どこに置くことにしたかを
家族で話し合っておくことが
重要ですね。

防災グッズ人気ランキング!

防災グッズは
たくさんあります。

日々、新しい防災グッズも
発売されていますよね。

そこで、
今、人気のある防災グッズを
紹介します。

地震対策30点避難セット

地震対策30点避難セット
出典:http://www.e-shopping-club.com/top/detail/asp/detail.asp?gcode=M4530

とにかく人気の
非常用持ち出し袋が
この30点避難セットです。

見た目もシンプルで
デザイン的にも機能的にも
満足できるものですね。

あれもこれもと
リュックサックに入れていたら
重くて持ち出せないということが
ないようにしたいですよね。

この避難セットは
約5㎏ということもあり、
女性、高齢者にも安心ですよ。

被災者の声をもとに
作られた防災グッズなので
必要なものが入っています。

水電池 NOPOPO

水電池 NOPOPO
出典:http://gigazine.net/news/20110624_nopopo/

防災セットの中には
乾電池が入っていることが
多いですよね。

この水電池は、
乾電池とは違い、
水を使うことで発電します。

しかも、
未開封状態で
20年未満の長期保存が可能!

きれいな水でなくても
少しの水があれば
発電するということで
人気の防災グッズのひとつです。

電池はいざというときに
なかったりしますよね。

そんな時にあると便利かも
しれません。

折りたたみ式ヘルメット「タタメット」

タタメット
出典:http://yellow-inc.com/prod_tatamet.html

意外と家庭にないものというと
ヘルメットではないでしょうか。

会社などには
置いてあることが多いですが、
場所もとるので
家庭には置きづらいですよね。

しかし、ヘルメットは
震災時、頭を守ってくれます。

この「タタメット」は、
折りたたみ式のヘルメットで
たたむと35mmの厚さしかありません。

広げるときもたたむときも
力がいらないようなので、
女性には特にうれしいですね。


スポンサーリンク


おすすめの非常食は?

非常食といえば、
「カンパン」が浮かぶ人も
多いかと思いますが、
今はかなり進化しています。

カンパン
出典:http://kanpan.jp/

味も良く、長持ちするものが
多いですよ。

おすすめの非常食
いくつか紹介します。

軍隊の食事「ミリメシ」

ミリメシ
出典:http://sanden777.jp/sanden/7.1/910/

ミリメシとは、
軍隊(ミリタリー)の飯(メシ)を
略したものです。

牛丼やカレーなどといった
人気のフードがあります。

しかも、
水や電気、火などがなくても、
温かいご飯を作ることができます!

カップ1杯の水が必要ですが
保管期間も数年間と長いので、
おすすめですよ。

アルファ米 味ごはんセット

アレルギー対応保存食セット
出典:http://item.rakuten.co.jp/realchuchu/101-403-set-1/?scid=af_pc_etc&sc2id=345144278

自治体などの炊き出しを
食べたくても
アレルギーで食べれない人も
いますよね。

そんな方におすすめなのが、
こちらの味ごはんセットです。

水やお湯が必要になりますが、
味も4種類のセットですし、
食器も不要なのでおすすめですよ。

水にひたすだけでできたてのおもち

水にひたすだけでできたてのおもち
出典:http://ichiba.nicovideo.jp/item/azB00BQBAUB6

腹持ちの良いものといえば
お餅です。

こちらも水だけあれば
出来立てのお餅を
食べることができます。

しかも、水もセットになっているので
いざという時にも安心です。

お餅の種類は
4種類あり、飽きることもないですよ。

まとめ

防災グッズについて
調べてみましたが
いかがでしたでしょうか。

震災が日本全国で起こり、
本当に他人事では
なくなりましたよね。

防災グッズを
買おうかなと思っている人も
多いはずです。

種類が多く、
後回しにしていた方も
この機会に考えてみるのは
どうでしょうか。

また、1年に1回くらいは
家族で見直してみるのも
いいと思います。

非常食も
食べやすくなっているので
試食をしてみるのも
おすすめします。

防災グッズは
無駄にはならないと思うので
ぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク