梅雨もあけてきて、
いよいよ暑くなってきましたね!

海に、山にイベント
盛りだくさんの季節が
やってきますね!

夏といえば!
夏定番の花火大会!ですね。

皆さんは花火大会の
予定はありますか?

まだ予定はないよ!
という方のために、
今回は葛飾納涼花火大会について
調べてみましたので、
ぜひ参考にしてくださいね!

では、さっそくいってみましょう!


スポンサーリンク


葛飾納涼花火大会の期間は雨天延期はある?

さて、平成28年の
葛飾納涼花火大会の
開催日ですが、

開催日
平成28年7月26日(火)

開催時間
午後7時20分から午後8時30分

となっています。

開催会場
葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

住所
葛飾区柴又七丁目17番13番地先

となります。

平日ですので、
気を付けてくださいね!

雨が降ったり、荒天の場合は
翌日に順延、
翌日も荒天の場合は中止となります。

天気予報とにらめっこですね!

なお、今年は「第50回」記念大会のため、
例年より10分間延長して、
70分間のステージで開催されるそうです。

打上げ発数は
約15,000発(予定)
だそう。

いつもより時間も長く
打ち上げ数も多いようなので、
楽しみが増えますね!

入場者数や混雑は?行ってきた人の感想も!

花火大会といえば
混雑も気になるところ。

予想では約58万人の
来場者が見込まれているようです。

ちなみに2015年の来場者数は
約63万人だったそうです。

また、大変混雑するため、
携帯もつながりにくくなり、
迷子のアナウンスも
されないそうなので、
集合場所の確認や、
はぐれたときの対策などは
事前にしっかりしておきましょうね!

大変人気のある花火大会のため、
毎年大変混雑するそう。

交通規制も行われるので、
車での来場は避けた方が無難です。

新柴又駅が
比較的すいているそうなので、
電車を利用される方は
新柴又駅からぶらぶらと
散歩をしながら
会場に行ってみては
いかがでしょうか?

感想で多いのは、
近場で打ち上げがされるため
迫力があり、
臨場感が溢れている!
という感想が多かったので、

都合がつかれる方は
ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


花火が見やすいスポットを紹介!

さて、花火をゆっくり見るために、
見やすいスポットも気になるところ。

いくつか調べてみましたので、
ご紹介しましょう。

さて、一番のお勧めは
当然河川敷ですが、

葛飾納涼花火大会では
有料シートが販売されています。
場所取りも必要なく、
見やすい席からの
観覧となりますので、
迫力のある花火を
間近で楽しみたい方は
大変おすすめです。

座席種と金額は

2人マス席(ビニールシート敷)
金額   1マス 7,000円
(1マスで2人まで入場可)
設置数  1,107マス

4人マス席(ビニールシート敷)
金額    1マス 10,000円
(1マスで4人まで入場可)
設置数   361マス

グループ席(ビニールシート敷)
金額    1マス 12,000円
(1マスで6人まで入場可)
設置数   58マス

となっています。

チケット販売は
チケットぴあで、

平成28年5月21日(土曜日)
午前10時から

7月26日(火曜日)
正午までを予定されています。

売切れ次第終了だそうですので、
検討される方は
早めの購入をおすすめします!

有料はちょっと…という方は、

柴又球技場

矢切の渡し

新葛飾橋

江戸川ラインゴルフ松戸コース

江戸川河川敷

千葉県立松戸矢切高校の跡地

などがおすすめのスポット
だそうですので、
最寄り駅から
散歩がてらよく見える
スポットを探すのも
良いかもしれませんね!

まとめ

さて、ここまで
葛飾納涼花火大会について
お送りしてきましたが、
いかがでしたか?

東京で開催される
花火大会でも
ベスト10に入る
人気の花火大会ですので、
混雑は必須ですが、

最寄駅から
下町情緒あふれる
柴又帝釈天参道を
ぶらぶらしながら
花火見物も、
ただ座って花火見物するのとは
ちょっと違った
楽しみがありますので、

今年の花火大会は
葛飾納涼花火大会を
検討されてみるのは
いかがでしょうか?


スポンサーリンク