暑い毎日が続きますね!
いよいよ夏が近付いてきましたね!

さて、夏といえば
海、山と楽しみがいっぱいですが、

そのうちの一つに
花火大会がありますよね。

皆さんはどちらの花火大会に
行かれるか、決まっていますか?

もし決まっていなければ、
今回は足立の花火を
調べてみましたので、
参考になさってくださいね。

では、さっそくいってみましょう!


スポンサーリンク


足立の花火の期間やアクセスは?

さて、まずは
気になる日程ですね。

日時は
平成28年7月23日(土)
午後7時30分〜8時30分
からとなっています。

荒天の場合は
安全の確保が難しいため、
中止となります。

1年で1回きりのチャンスですので、
晴れるように祈りたいところですね。

会場は
荒川河川敷
(東京メトロ千代田線鉄橋
〜西新井橋間)
打上場所は千住側(堤南)
となります。

西新井(堤北)側の河川敷は
観覧エリアも広いため、
千住側よりもゆったりと
花火を観賞することが
できるそうです。

事故防止のため、
西新井橋〜千住新橋間では
プレジャーボートでの
観覧を禁止しているそうですので、
注意してくださいね!

花火の種類は
打上花火、スタ-マイン、
小型煙火、仕掛花火
(足立名物のナイアガラなど)
を予定。

打上げ玉数
約13,500発
となっています。

1時間のうちに
次々と趣向を凝らした
花火が打ち上げられる様は
まさに圧巻!の一言だそう。

4幕で構成されており、
オープニングの花火は
「みんなの『いいね!』で音楽花火」
リクエストで一番多かった曲に合わせ
打ち上げスタート。

各幕で各々選ばれた
曲に合わせ
高密度に凝縮された
迫力ある花火の数々が続き、

「満開のしだれ桜」では
、威風堂々をBGMに見応え満点の
グランドフィナーレを迎えます。

花火の終了後は、
サイリウムや携帯電話の画面など、
光るものを振って
花火師さんたちに感動を伝えよう!

という趣向も用意されています。

一体感を大事にしているのですね。

入場者数や混雑は?場所取りのルールは?

さて、混雑具合も
気になるところですが、

2015年では
約55万人の人出があったそう。

2016年も相当の
人出が予想されますので、
混雑対策はしっかりと
取っておきましょう!

当日は交通規制もあり、
駐車場もありませんので、
観に行かれる場合は
公共の交通機関を使いましょう。

最寄駅は
JR常磐線・地下鉄北千住駅、
東武スカイツリーライン小菅駅
五反野駅・梅島駅から徒歩15分、
または日暮里
舎人ライナー足立小台駅から
徒歩25分
となっていますので、
参考になさってくださいね。

場所取りや観覧のルールですが、
最近話題のドローンは禁止!です。

前日までの場所取り
石、ペグや杭、
スプレーなど
河川敷を傷つけるものは
禁止となっています。

上記のような行為は
河川敷を傷つける行為とみなされ、
河川法違反ともなるそうです。

モラルとマナーを守って
楽しい花火大会にしたいものですね!


スポンサーリンク


花火が見やすいスポットを紹介!

混雑必至の花火大会ですので、
花火が見やすいスポットも
気になりますよね。

では、おすすめスポットを
紹介します。

まずは会場である
荒川河川敷運動公園ですが、

残念ながら
7月6日現在では
有料席は完売となっています。

朝早くから場所取りをしないと
ベストスポットの確保は
難しいようです。

他の穴場として、

梅島・西新井側の河川敷

扇橋大橋付近

荒川西新井緑地

千住新橋グラウンド周辺

虹の広場

屋形船

などが穴場スポットして
あげられていますので、
こちらからゆっくり
眺めてみるのもよいかと思います。

まとめ

さて、今回は
足立の花火大火について
お送りしてみましたが、
いかがでしたでしょうか?

足立の花火大会は
関東の人気花火大会ランキング
第2位

関東の行ってみたい
花火大会ランキング
第7位

という、大変人気の
花火大会となっていますので、
事前にしっかりと
予定を立てて
楽しんでくださいね。


スポンサーリンク