暑い日が続きます
いよいよ夏本番!
といったところですね。

学生の皆さんは
楽しい夏休み!ですね。

さて、そんな暑い夏に
ピッタリな行事
そう!花火大会です。

今回は隅田川花火大会について
お送りしたいと思います。

花火大会どこに行こう?
とお考えの方は
ぜひ参考になさってくださいね。

では、さっそくいってみましょう!


スポンサーリンク


隅田川花火大会の期間や打ち上げ場所は?

さて、まずは気になる日程からですね。

日時
平成28年7月30日(土)
午後7時5分~午後8時30分
からです。

荒天の時は中止となります。

なお、雨天などで実施が確定できない
天候の場合は、
当日の午前10時に、

荒天などの場合には当日の
午前8時に、それぞれ実施の可否を決定する
そうですので、

検討されている方は
こまめにチェックしてくださいね!

場所
第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流
打ち上げ業者(株)丸玉屋小勝煙火店
   
第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流
打ち上げ業者(株)ホソヤエンタープライズ

となっています。

打ち上げ玉数も、
第一会場   9,505発
(コンクール玉200発を含む)

第二会場  10,650発
合計  20,155発

と会場によって
イベントの内容や
打ち上げ玉数、
打ち上げる花火業者が
違っていますので、

どちらの会場に行かれるかは
ホームページなどを見て
よ~く検討してくださいね!

最寄駅は
第一会場は
東武鉄
東京メトロ
都営地下鉄浅草駅
から徒歩15分

第二会場は
東武鉄道
東京メトロ都営地下鉄浅草駅
または都営地下鉄蔵前駅から
徒歩5分

となっています。

駐車場はありませんので、
交通機関を
ぜひ利用しましょう。

入場者数や混雑・場所取りのコツは?

さて、気になる混雑状況ですが、
2015年では2つの会場の
合計ですが、
約95万人となっています。

都内でも
トップクラスの
混雑になりますので、
迷子対策はしっかりしてから
訪れたいものですね!

場所取りのコツですが、
これだけの人数が
集まる花火大会ですので、
激戦は必須です。

早く行けば早いほど
いいという事になりますが、

人気スポットは
8時前までが理想です。

穴場と言われている場所でも、
17時30分までには
場所取りを完了させてくださいね。

見やすい場所は

浅草小学校脇の公園

浅草寺

汐入公園

東白鬚橋公園

銅像堀公園周辺

両国国技館周辺

大横川親水公園

などが挙げられていますので、
気になる方は
チェックしてみてください。

なお、会場では
座る場所があまりなく、

歩きながらの観覧を
公式のホームページの
注意事項として
推奨されています。

ゆったり座って観たかった!
という方は、

残念ながら
もう募集は終わっていますが、

隅田川花火大会では
市民協賛席を
毎年募集しています。

6,000円~30,000円までの
4種類設定がされています。

2016年の募集は
4月20日~5月18日
までとなっていましたので、

来年はぜひ
検討してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


スカイツリーのレストランは予約できる?

隅田川花火大会は
スカイツリーからも
よく見えるので、

スカイツリーも
人気のスポットとなっています。

開催日の7月30日は
特別営業日となっており、

2016年の予約抽選は
6月13日~6月30日までと

残念ながら予約抽選は
閉め切られていますが、
来年の参考になさってください。

スカイツリーレストランの
予約販売は以下の通りとなっています。

販売方法
電話受付

販売開始日
2016年6月30日(木)10:00から発売開始

販売人数:62名

販売価格
45,000円(税込)

内容
展望台特別営業入場券
(天望回廊入場券含む)
特別コース料理
フリードリンク
お土産付き

と内容盛りだくさんです。

ちょっとお高いですが、
花火を見ながら
優雅にお食事
というのも
たまには良いかも知れませんね!

まとめ

さて、ここまで
隅田川花火大会について
お送りしてきましたが、
いかがでしたでしょうか?

残念ながら予約抽選は
締め切りとなっていますが、

2会場から次々と
息つく間もなく打ち上げられる
花火に感動すること
間違いなしですので、

今年は穴場スポットを狙って、
来年はゆったりした
鑑賞を狙う、
という楽しみ方も
考えられますので、

ぜひ検討なさってくださいね!


スポンサーリンク