こんにちは!

このページを見に来たあなたは、
「背が低いことで悩んでいる」
「背が低いことを生かした
コーディネートの方法を知りたい!」
などではないでしょうか?

確かに、背が低いとなかなか合う服が
見つからなかったり、もしあったと
しても自分の趣味に合わなかったり
して難しいですよね。

今回は、そんなあなたにぴったりの
「背が低くても楽しめる!おしゃれ
コーデ」を紹介したいと思います。

これを読んで、背が低くても楽しめる
コーデを覚えて楽しんでくださいね。

それではいきましょう!


スポンサーリンク


柄を工夫する!

まず、背が低い人のファッションの
鉄則の1つとして、「柄を工夫する」
というものがあります。

これはどういうことかと言いますと・・

例えば水玉、花柄、ストライプなど様々
な柄の服がありますよね。

これらの選び方1つで太って見えたり
することもあるのです!

びっくりですよね・・

これはなぜかというと、柄が大き
ければ大きいほど横に強調されて
いるように見えるからなのです。

そして、それが太って見えるという
ことに繋がってしまうのです・・・。

ではどうしたらいいの?と
思いますよね。

そのために、こちらで色々と調べて
みましたので、もしよろしければ
参考にしていただけたらと思います。

【花柄の場合】
大きな花柄は避けてください。
→小さな花柄で、細かくついたものが
おすすめです。
体がキュッと締まって見える効果が
あります。

【ストライプの場合】
●トップス
→ボーダーは細い線のものを選んで
ください。
太いボーダーだとのっぺりして見えて
しまいます。

●ボトムス
→横のストライプは避けてください。
縦のストライプだと上に高く見えて
シャープな印象を与えることができる
のでとても良いです。

【水玉の場合】
大きな水玉は避けてください。
→花柄の場合と同じように、
小さい水玉の方をおすすめします。

このように、柄は小さくまとめた方が
背が低い方には良さそうですね。

それでは次に、「シルエットで工夫する」
ことについてお話ししていきますね。

シルエットで工夫する!

では、シルエットで工夫するという
ことはどういうことでしょうか?

シルエットというのは、簡単に言えば
「見た目」であり「スタイル」でも
ありますね。

このように、「シルエットで工夫する」
ということは、服によって自分の
スタイルを良く見せるという
ことにもつながります。

ではどんな工夫があるのでしょうか。
考えていきましょう!

【ダボダボした服を着る時は】
ダンスやストリート系など、やはり
ダボダボしたファッションがカッコ
いい場合もありますよね。

このように、ダボダボした服を楽しみ
たい方は多くいると思います。

しかし残念なことに、背が低いと
ダボダボした服はかえって背が低く
そして太く見えてしまうのです。

そのためあまりおすすめはできないと
言われています。

しかし、それでもダボダボした服を
楽しみたい!という時はありますよね。

そういう方は、以下のことに気を付け
ながらやっていくと良いでしょう。

●トップスか、ボトムスかどちらかを
ダボダボにする
例えばトップスをダボダボにしたら
ボトムスはぴったりした服を着るなど。

どちらかがダボダボならどちらかを
引き締める、ということです。

【ロングスカートを履きたい時】
ではロングスカートを履きたい時は
どうすればよいのでしょうか。

特に今はロングスカートも流行りで
かわいいものがたくさん出ているので
気になるところですよね。

実は、ロングスカートを履きたい方は
足首が見える程度の長さにするのが
おすすめです。

なぜかというと、足首までの丈だと、
足首の細さが見えますよね。

そしてそのおかげで全体を
すっきり見せることができるのです。

しかし、それでも大人っぽくマキシ丈
を履きたいときはありますよね。

そういう時は上半身を短めの丈にする、
そしてピッタリしたものにするなど
上半身をコンパクトにまとめた方が
良いでしょう。

【その他】
では、これまでに書いてきた中で他に
気を付けなければならないことは
何があるでしょうか?

ここまで読んできたあなたであれば
薄々気づいているかとは思いますが、
背が低い方のコーデの基本は
《とにかくコンパクトに》
ということになりますね。

それ以外で気を付けることと言えば、
やはり「露出を多めにする」という
ことでしょうか。

例えば、長袖ブラウスを着て、下も
足首が隠れるくらいのスカートを着て
いる自分を想像してみてください。

なんだか野暮ったくなりませんか?

では逆に半袖のぴったりしたシャツを
着て、下は足首が見えるくらいの
スカートを着ている自分を想像して
みましょう。

いかがでしたか?

やはり、肌がある程度露出されている
方がすっきりしたシルエットになる
イメージがありませんか?

このように、工夫するシルエットの
ポイントとして「肌をある程度出す」
ことはすごく大事になってくることが
分かりますね。

下品な話ではなく、全体をすっきり
見せるためにある程度必要な露出を
考えると良いですね。

例えば首、鎖骨、手首、足首は
積極的に見せていくと良いでしょう。

では、次に、これらの工夫を踏まえて
背が低いことを活かしたキュートな
コーデには何があるかを見ていき
ましょう!


スポンサーリンク


背が低いことを活かしたキュートコーデ!

それでは、背が低いことを活かした
キュートなコーデは何がある
でしょうか。

ここで、これまでに読んだことを
振り返ってみましょう。

ポイントは、
1:コンパクトにまとめる
2:肌をある程度は出す

この2点を抑えたコーデであれば、
背が低い方もそれを活かした
コーデが完成するでしょう。

では、どんなコーデがあるでしょうか。

【ミニスカートで足を出す!】
まず、ミニスカートがありますよね。
例えば背が高い方がミニスカートを
履いたらどうなるでしょうか。
少し想像してみてくださいね。

足の長さが強調され、肌もその分
たくさん露出されるので、逆に
子供っぽいイメージになりません
でしたか?

これが逆に背が低い方だと、
ミニスカートはかえって全体が
スラッと見えてとても良いのです。

また、足長に見えることで更に
背が高く見えるという嬉しい
効果もあるのです。

このように、いいとこどりのミニ
スカートは使いこなさない手は
ありませんね。

また、冬の場合はミニスカートを
履いてひざ丈のロングブーツも
履くとますますかわいく見えますよ。

これぞ、背が低い方にしかできない
キュートなコーデとも言えます!

【上半身に目線を持ってくる!】
また他にもポイントがあります。

それは「目線を上半身に!」という
ことです。

これはどういうことでしょうか?

背が低い方は、ぱっと見ると地面に
近く見えますよね。

なので、すっきりしたコーデで
ないともっさりして見えるのが欠点
なのです。

ということは、逆手にとってやれば
いいわけですね。

それが「目線を上に持ってくる」と
いうことなのです。

このコーデの例として、例えば
首周りにファーを巻いて下はミニ
スカートにする、など。

または、下半身は無地にして上半身は
チェックや花柄のものを着るなど。

そうすることで、相手の目線を
地面から外して上に持っていかせる
ことができますね。

これにより、少しでもスラッとして
見せることが可能なのです。

ということは、柄物は上半身に
まとめてあげればいいわけですね。

または、秋の場合はフリンジのついた
帽子をかぶったり、フリンジがついた
革ジャンを着るのも良いですね。

これによって目線を上半身に集めて、
かつ、キュートなコーデが完成する
なんてこともできちゃいますね。

まとめ

ここまでで、背が低い方のための
様々なコーデのポイントなどを
色々と挙げてきましたが、
いかがでしたでしょうか?

これまでも何度か書きましたが、
やはりポイントは「コンパクトに」
これに尽きますね。

体を大きく見せたいからと、
大きい服ばかり着ていては
逆効果だということが
分かりましたでしょうか?

また、背が低い方にしかできない
コーデもあることが分かりました
でしょうか?

背が低いということはデメリット
ばかりではありません。

様々なメリットも数多くあるのです。

それでは、自信を持ってコーデを
楽しんでいきましょう!


スポンサーリンク