最近は夫婦共働きの家庭が多いですが
主婦がパートやアルバイトをする時に
気になるのが扶養控除ですね。

今回は
今年の10月に法改正で変わる
扶養控除の内容や
控除の対象になる金額、

損をしない働き方など
について見ていきたいと
思います。

どうせ働くなら損することなく、
効率良く働きたいですものね。

では、早速、いってみましょう。


スポンサーリンク


法改正でここかわる!扶養控除とは

まずは、
扶養控除が受けられる条件を
まとめてみます。

1.「納税者本人と生計を共にしていること。」
 
夫の給料が主な生活費であると
いうことですね。

2.「給与やパート収入の年間の所得が
 38万以下であること」

年間の所得とは1月1日から
12月31日までを1年間とみて、

その間に給与や賞与でもらった
合計額から
給与所得控除の65万円を
差し引いた金額
となります。
これが38万円ですね。

よく「103万円の壁」と聞きますが、
これはこの38万円と給与所得
控除額の65万円を足した
金額のことですね。

扶養控除の条件を満たしていれば、
所得が38万円までの
場合は本人に所得税はかかりません。

年間38万円を超えると
家族手当が減らされてしまったり、
所得税がかかってくるので

「年間103万円の壁」を意識して
パートをされる方も多いですね。

いくらまでなら控除の対象になる?

そして、社会保険に関しては
年間130万円以内の所得でしたら、
加入する義務がなく
夫の扶養家族に入れます。
これが「年間130万円の壁」です。

しかし、

この社会保険なのですが、
2016年10月から、
パートタイマーの
厚生年金の加入条件が
変わることが決まりました。

えっ?
どんな風に変わるのでしょうか・・

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

2016年10月から年間106万円以上
収入がある人は諸条件によって
社会保険に加入する義務が
出てきます。

「年間130万円の壁」だったのが
「年間106万円の壁」になる
ということですね。

これによって今まで夫の【扶養】
として働いてきたのに
扶養に入れなくなるという
人が出てきますので、

注意が必要です。

自分で保険料を払うとなると、
今までと同じくらいだけ
働いていると

お給料から社会保険料が引かれ
手取り収入が減ってしまうという
ことになります。

それは家計にとって大きいですよね。

では、
どのように対処すればよいので
しょうか?

具体的にその条件について
見てみましょう。

  • 週20時間以上
  • 月額賃金8.8万円以上(年間で106万円)
  • 勤務期間1年以上
  • 従業員が501人以上の企業

この4つのすべてに当てはまる方
社会保険に加入する義務が出てきます。

なんだか、ほとんどのパートさんは
この条件に当てはまりそうですね。


スポンサーリンク


いくら以上稼げば損しないの?

では年収が106万円を超える場合、
一体いくら以上働けば
働き損にならないのか
考えてみましょう。

例えば、年収120万円の主婦の場合、
現在は雇用保険料、所得税、住民税を
差し引いて手取り約116万円
もらっているとします。

年収120万円なので
社会保険に加入する義務は
ありませんね。

2016年の10月の法改正以降は
年収120万円をもらっていると
社会保険に加入しなくては
いけなくなるので

ここから健康保険料が
年間約5万8千円、

厚生年金保険料が
年間約10万5千円の負担が増えて

手取りは約100万円に
なってしまいます。

さらに40歳以上なら、
介護保険料が
約9千円かかる
ので
手取り年収が約16万円も
減ってしまいます。

なのでこれまでの手取り収入を
維持するためには
月に13時間ほど
追加で働かなくては
いけなくなります。

正直、キツイですね。

これなら、社会保険に加入せずに
すむように年収106万円以内に
減らした方が
いいかもしれないと
思ってしまいますね。

まとめ

今現在の手取り収入の
ことだけを考えると
社会保険に加入しなくてもすむ
年収106万円以内に抑えた働き方が
いいかもしれませんが、

社会保険に加入することで
将来的にもらえる年金額が
増えたりとメリットもあるので
長い目で見れば決して損をする
だけではないんです。

これからどのような働き方を
するのか今のうちに
考えておかないと
いけませんね。


スポンサーリンク