7月になり、
いよいよ夏が近付いてきましたね。

夏の予定はもう決まりましたか?

夏といえば
花火大会!ですよね。

今回は
横浜スパークリングトワイライト
について調べてみましたので

花火大会どこに行こうかな~
と考えている方は
ぜひ参考にしてくださいね。

では、さっそくいってみましょう!


スポンサーリンク


横浜スパークリングトワイライトの概要

横浜スパークリングトワイライトは、
神奈川県横浜市で
2日間にわたって開催される
イベントで、

海上、公園、山下公園通りの
3つの会場を設け、
それぞれの会場で2日間に渡り
多彩なプログラムを繰り広げる
一大イベントとなっています。

海上エリアでは
日中は
海難レスキューデモ、
シップパレード、

夜間は
トワイライトジュエリーポート、
スパークリング花火約3000発が
海上を彩り、

公園内では
ファミリーコーナーや
レストランなどが設置され、
ステージライブが
催される予定です。

山下公園通りでは
2日目にパレードが行われ、

両日とも
花火だけではもったいない
内容となっており、

パレード以外は
2日間とも開催されていますので、
1日中楽しめる内容と
なっているようですので、

ぜひ行ってみたいですね!

開催日は
2016年7月16日(土)、
17日(日)11:30~20:30

会場は
山下公園及びその周辺、
公園前海上となります。

アクセスは
みなとみらい線「元町・中華街駅」出口4より徒歩約3分
JR根岸線「関内駅」南口より徒歩約20分
JR根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩約15分
です。

当日開催可否は
確認電話番号がありますので、
当日怪しいな~という天気の時は

問い合わせをしてから
会場に行くようにしてくださいね。

両日8:00より案内されるそうです。
(花火の開催可否については12:00からの
案内になります)

入場者数や混雑・見やすいスポットを調査!

さて、気になる混雑状況ですが、

2015年の人出は
イベント合計で
約41万にとなっています。

会場は混雑必須ですので、
ただ花火を見るだけなら、
会場に行かなくても

赤レンガの倉庫群
みなとの見える丘公園
大さん橋
大黒ふ頭中央公園
が穴場スポットとなっていますので、

会場に行ってまでは見なくていい、
という方は、
こちらも検討してみると
いいかもしれませんね!


スポンサーリンク


花火クルーズとは?行ってきた人の感想も!

さて、会場で見るのも、
穴場スポットで見るのも良いですが、

横浜スパークリングトワイライトでは
海上クルーズで
ディナーを楽しみながら
花火を見るプランもありますので、
ご紹介します。

横浜クルーズ船ロイヤルウイング
旅プラスワン
横浜クルージング
京浜フェリーボート
ぽけかる倶楽部

など各社が
クルーズプランを出していますので、
色々と覗いて
検討するのも良いかもしれません。

料金も4,800円~15,000円と
色々ありますので、
選ぶ楽しみがありますね。

実際体験された方も、
食事を楽しみながら
ゆったり見られた。

とのことですので、
思い切って優雅に船旅も
良いのではないでしょうか。

まとめ

さて、今回は
横浜スパークリングトワイライト
についてお送りしてきましたが、
いかがでしたでしょうか?

2日に渡る多彩なプログラムや
クルーズなど
色々と楽しみな
イベントとなっています。

海の日の3連休の
お出かけの予定が
まだ決まっていない方は、
ぜひ検討してみてくださいね!


スポンサーリンク